ブログ

2011年8月30日

団結の中にこそ力は存在する

今日は午後より公明党東京都本部夏季議員研修会に参加。
放射線について中川恵一・東大准教授の講演、また斉藤鉄夫党幹事長代行による今後の党の原子力政策についての講演がありました。
今日の講演を聞いてあらためて思ったことは、「知識を知恵としていかに発揮していくか」ということでした。
日頃あまり馴染みのなかった「放射線」というものが、原発事故によりクローズアップされました。馴染みがなかった分、私たちに急激に情報が流入し、混乱が起きています。
正しい情報・知識を発信し、どう知恵を発揮して行動していくかが問われていると感じました。
中川准教授が講演の中で、「心配しすぎることでかえって病気になる」との言葉が印象的でした。

今日は日本に新たな新首相が誕生し、党内人事が発表されました。
夜、自宅でニュースを見ていた際、ある重職を引き受けた国会議員のインタビューが報道されていました。
「今回人事を引き受けた理由は?」との記者の問いかけに対し、「それはただ一つ。党内融和」と答えていました。
「この党はいったい何をやっているんだ」と率直に感じました。
東日本大震災で国民が苦しんでいる時に、国を動かす与党という立場でありながら、党内の団結がなく、党内をまとめることに腐心。
与党重職を引き受けた理由が「ただ一つ!」、国民のためでも、大震災の復興のためでもなく、「党内融和」とは・・・。
情けない限りです。
「団結の中にこそ、力は存在する」-フィリピンの格言だそうです。
ということは、今の与党には力は存在しないということですね。

カテゴリー:こばけん日記
カレンダー
2011年8月
SUN MON TUE WED THR FRI SAT
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031