ブログ

2010年3月5日

小児用肺炎球菌ワクチン 財政支援実施へ/けいれん性 発声障害の周知を/都議会で小林議員

4日に開かれた東京都議会第1回定例会の本会議で、公明党の小林健二議員が一般質問に立った。
小林議員は、子どもの細菌性髄膜炎を予防する小児用肺炎球菌ワクチンについて、先月、日本での販売が開始されたものの、1回約1万円で4回接種が標準となっていることを指摘し、「都の予防接種支援事業に加えるべきだ」と提案。安藤立美福祉保健局長は、公費助成を行う区市町村に対し、包括補助事業の活用を含め支援を実施する考えを表明した。
また、小林議員は、声帯が正常であるにもかかわらず、声が詰まったり途切れたりする「けいれん性発声障害」について、「病気への理解が低いために、患者が苦しんでいる」と強調し、普及啓発の必要性を訴えた。
カテゴリー:こばけん日記
カレンダー
2010年3月
SUN MON TUE WED THR FRI SAT
« 11月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031