ブログ

2010年8月16日

神田川・環状七号線地下調節池を視察

今日は、東京都の水害対策の一環である神田川・環状七号線地下調節池の視察に行って参りました。

環状七号線の道路下には、延長4.5㎞、内径12.5mの巨大なトンネルがあり、このトンネルに洪水を流入・貯留させて河川の氾濫や河川周辺地域の水害軽減をはかるものです。

地下40mにある巨大トンネル内にも入りましたが、今日の地上の猛暑とは打って変わって、気温17度、恐怖さえ感じるような漆黒の闇でありました。

この巨大な建造物を目にし、あらためて人間の英知の偉大さを実感いたしました。

近年、ゲリラ豪雨といわれる集中豪雨により各地に被害が出ています。今までの私たちの予測をはるかに上回る豪雨がある中、水害対策も抜本的な意識変革をして進んでいかねばなりません。

今後の課題、行政の役割、議員としての使命、様々なことを考えさせられる視察でありました。

■東京都第三建設事務所 河川の整備 http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/sanken/kasen-seibi.html

カテゴリー:こばけん日記
カレンダー
2010年8月
SUN MON TUE WED THR FRI SAT
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031